−私たちは元気で朗らかな挨拶を実行しています−

モルタル工法とは
モルタル工法
エポキシ樹脂の優れた特性を生かして、エポキシ樹脂を主成分としてこの中に硅砂  や砂利などの骨材を加えることにより、エポキシ樹脂モルタル、又はエポキシ樹脂  コンクリートとして施工することが出来ます。
このようにして作られたモルタルやコンクリートは物理的、及び化学的性質にエポ  キシ樹脂の優れた特性が発揮され、セメントモルタルやコンクリートの欠陥を補い  しかも短期間で施工することが出来、経済的な工法です。
このような特性を生かして、コンクリートや鋼板への薄層舗装やコンクリート構造  物の欠損部の補修・充填など土木建築を初めとして広範な種々の用途にモルタル工  法は用いることが出来ます。

モルタル工法の特徴
1. 鉄、コンクリート、石材に対して大変優れた接着性を発揮します。
2. 防水性、耐衝撃性、耐磨耗性、ノンスリップ性に優れています。
3. 酸・アルカリ・塩類・海水・油類等に耐性が優れます。
4. 優れた強度を発揮します。
5. 硬化時の収縮は極めて小さく、耐熱性、耐寒性等安定性に優れます。
6. 硬化が早く短時間の養生でも施工可能な良好な作業性を有します




金田建設工業株式会社 大阪府茨木市舟木町18番1号
電話072-638-8238



Copyright (c)2006 Kaneda Construction Industry,Ltd. All rights reserved.