−私たちは元気で朗らかな挨拶を実行しています−

ガラス繊維シート工法の特徴
ガラス繊維シート工法では、特殊ダイレクトロービング法で製造されたガラス繊維UDシートを使用します。
このガラス繊維シート工法の大きな特徴は、
比較的安価で高い補強効果を発揮できるところにあります。
使用する強化繊維がガラス繊維であるため絶縁性にも優れ、鉄道トンネルなどの通電性    を嫌う現場では最適な補強繊維シートです。
ガラス繊維UDシートは、以下に示されるような形状で従来のUDシートに比べ、樹脂    の含浸性に優れています。
  ガラス繊維  基盤メッシュ 粘着樹脂
ガラス繊維シートの構造 ガラス繊維シートの外観
ガラス繊維シートの曲げ強度データ
ラス繊維シート工法で補強したRC平板300×50(t)×995mm(L)供試体の曲げ試験結果では
炭素繊維シートと遜色ない結果を得ています

工法の詳細に付いては、カタログによる説明を事務局にご請求ください。





金田建設工業株式会社 大阪府茨木市舟木町18番1号
電話072-638-8238



Copyright (c)2006 Kaneda Construction Industry,Ltd. All rights reserved.