−私たちは元気で朗らかな挨拶を実行しています−

エポキシプレパックド工法とは
エポキシプレパックド工法は、
全体に塩害を受けた橋桁や、その他のコンクリート構造物に、大きな断面欠損が発生して   いる場合などに、断面を復旧する工法として有効な方法です。間隔に型枠を設置した後、   骨材(砂利等)を充填し、そこに特殊エポキシ樹脂を注入し硬化させます。
注入したエポキシ樹脂によりコンクリートと外表面の型枠替わりにした鋼板の一体化を保   ち、断面欠損等で低下した耐荷力の向上や、雨水その他の進入による鉄骨、鉄筋類の腐食   防止などにも有効な工法で、多目的な補修・補強工法です。
 エポキシプレパックド工法概略図
比較的断面欠損が少ない場合の断面復旧工法

工法の詳細に付いては、カタログによる説明を事務局にご請求ください。





金田建設工業株式会社 大阪府茨木市舟木町18番1号
電話072-638-8238



Copyright (c)2006 Kaneda Construction Industry,Ltd. All rights reserved.