−私たちは元気で朗らかな挨拶を実行しています−

トンネル導水工法とは
トンネル導水工法
トンネル内のコンクリート打ち継ぎ部や亀裂からの漏水を、特殊変性エポキシ樹脂  を使用して止水し、水をトンネル内に滴下させることなく、外部へ導水する工法で  す。
トンネル導水工法では
トンネル覆工コンクリートの亀裂に沿って溝を掘り、漏水の原因となっている亀裂  の上に塩化ビニール製の導水パイプ(道水路)を設置します。その上から急結セメ  ントで溝を埋めた後、特殊変性エポキシ樹脂によりトンネル覆工面を形成する工法  です。
トンネル導水工法に使用されるエポキシ樹脂は、
伸縮性、耐水性、耐薬品性に優れ強い密着力を兼備した耐久力の優れたエポキシ樹  脂を使用します。

トンネル導水工法では、
乾燥面用のプライマー及び湿潤面用プライマーをコンクリート表面の状況により選  択することが出来ます。

施工要領図  実際の施工写真
トンネル導水工法の標準的な工程
1. 亀裂を中心に両側のコンクリートをカッテイングします。
2. 溝石の斫り作業により内部コンクリートを斫りとります。
3. 導水パイプをセットし急結性セメントを充填します。
4. コンクリート覆工内部表面にプライマーを塗布します。
5. 特殊変性エポキシ樹脂を充填し蓋をします。
6. 養生後、表面仕上げを施します。

工法の詳細に付いては、カタログによる説明を事務局にご請求ください。





金田建設工業株式会社 大阪府茨木市舟木町18番1号
電話072-638-8238



Copyright (c)2006 Kaneda Construction Industry,Ltd. All rights reserved.