−私たちは元気で朗らかな挨拶を実行しています−



コンクリートは多孔質の材料で、コンクリートのポーラス(穴)は、目に見える穴(粒子間の隙間)と見えない穴(水和反応でできた毛細管)が混在しており、この両方の穴をガラスで埋めるのが、超耐久力システム工法です。
この両方の穴を大幅に抑制するので凍結融解障害、塩害を防止し、水の移動による水酸化カルシウムの流失を防ぎ、コンクリートの劣化を防止します。また、ガラスは無害であり、環境を汚染しないエコ商品です。

スケーリングを起こす構築物、構造物
クリスタルストーン+テリオスシーラー(防藻効果型)
通常、コンクリート打ち放しのままの場合は、撥水剤を2〜3年毎にコーティングを行いますが、システム工法を施工しますと、10年以上の長期間に亘って、コンクリートの中性化を予防すると同時に、防藻効果とガラス効果による汚れ防止、凍結融解障害、塩害等から生じるコンクリートの破壊を防止し、コンクリートの寿命を長期化します

塩害のあるところの構築物、構造物
クリスタルストーン+テリオスシーラー
床・土間に使用。特に塩害のある海岸に使用すると効果が絶大。

コンクリートのカラーアジャスト
テリオスシーラー(顔料入り)
コンクリートの打ち継ぎでの色の違いを解消できます。

コンクリートの石化方法


▲クリックで拡大します
コンクリートのポーラスをガラス化し、表面硬度を2倍以上、発塵防止、タイヤ痕の防止、水をよく使う洗い場等の風化防止に強力な効果を発揮します。




金田建設工業株式会社 大阪府茨木市舟木町18番1号
電話072-638-8238



Copyright (c)2006 Kaneda Construction Industry,Ltd. All rights reserved.