−私たちは元気で朗らかな挨拶を実行しています−



接着力が従来の有機塗料に比べ、数倍有り、既に塗装済みの上にダイレクト塗布ができます。但し、金属等の表面が鏡面仕上げになっている物及び塩ビ等の付着の悪いプラスチックは、プライマーが必要になります。

床用
シールコート007(クリヤー)+シールコート007(カラー)
特徴
この塗料のガラス成分の働きで、耐汚染性が非常に高く、また、有機物の働きで接着力が極めて高く、負荷の大きい床の使用に適しており、なかなか剥がれず、汚れも簡単に落とすことが出来る。防水力、防油力が強い事と、調色が自由に出来るので用途が広い。洗剤で汚れが落ちない場合は、アルコールで簡単に落ち、塗膜は、痛まない。
床施工は不陸になっている事が多いので、この場合は、不陸調整用として、日興のU.S.C.P(コンクリートポリマー)があり、1mmからの仕上げが出来ます。この材料は、引き延ばし強度がモルタルの2倍、圧縮強度が2倍、密着性が数倍あるので、先ず剥がれることがない優秀な商品です。不陸調整をした上、シールコート007を塗布します。

用途
ガソリンスタンドの線引き、車検エリアのカラーリング、工場等の床着色、特に油の落下するところ、有機塗料を塗布済みの床、屋根、構造物。公園等の各種カラーリング。


▲クリックで拡大します

壁、屋根用
特徴
有機塗料を塗布済みの壁、屋根にダイレクト塗装できる。通常は、床とは異なった汚れが付着するが、大半は、埃と排気ガス等の有機物なので、この塗料の耐汚染性が強い性質を利用し、洗剤を付着させたモップで簡単に落とすことが出来ます。

Pタイル、塩ビ製品用
塩ビプライマー+シールコート007
特徴
Pタイルは、ワックス掛けが大変で、幾重にも塗り重ね、6層前後になったら、剥離剤でワックスを取り払い、また、塗り重ねを繰り返して行く方法がとられる。この手間と時間を節約するために、Pタイル上にハードコートを施工する方法です。Pタイルは、塩ビ製が殆どなので、塩ビ専用プライマーを塗布し、その上に、シールコート007のクリヤー(好みによりカラー)を塗布します。




金田建設工業株式会社 大阪府茨木市舟木町18番1号
電話072-638-8238



Copyright (c)2006 Kaneda Construction Industry,Ltd. All rights reserved.