−私たちは元気で朗らかな挨拶を実行しています−


超ハイテクパワー 竹炭
なぜ?炭は空気・水の浄化効果が大きいのでしょう。それは、炭は、僅か1gで人体の肺胞の1.5倍にもなる面積をもち(肺胞は生命維持に不可欠な酵素を吸収するところで、広げると平均面積がテニスコート1枚分に相当します)、その炭の内部はミクロン単位(1/1,000mm)の穴が縦横無尽に走る多孔質だからです。そして、天然自然物は多くのミネラルを吸収して育っているため、蒸し焼きにされた炭は多くのミネラルを濃縮蓄積しています。従って、その内部には有効な微生物が増殖し続けると同時に、自らはマイナスイオン、遠赤外線(人体機能に合致する4〜16ミクロンの周波長)を放出し、プラスイオンを吸収します。竹炭は木炭に比して、繊維質が多く、ホルムアルデヒド等の溶剤の気化物(シックハウス症候群の原基)を驚くほど吸着します。

ホーマーNとは
竹炭+自然石+水性無機バインダー すなわちこの組み合わせにより、(1)炭の多孔性を生かす (2)自浄サイクル効果 (3)呼吸する無機水性バインダー という特性を最大限に生かすことを実現した塗料です。炭の本来持っている防臭、防虫、防蟻、微生物増殖、抗菌、遠赤外線、湿度調整効果と自然石のマイナスイオン効果が得られ、不燃材、無害という特長を持ちます。また、カラー化も自在です。ご家庭などくつろぎの空間に安心してお使い頂ける、主に壁面、天井材として使用できる塗料がホーマーNです。

従来の製品には見られない特性
1. 炭の塗料化にはその多孔質性を生かす為、バインダーが孔を埋めることなく呼吸することが不可欠です。ホーマーNは、4〜6ナノメートル(1ナノメートル=10億分の1メートル)の超微粒子の常温ガラスをバインダーに使用し、結果的に水は透さず空気を透す「呼吸をする」塗装材となりました。
2. 竹炭の焼結技術により、黒い炭をほぼ白色化し、無機焼結顔料の混入で黒い炭を自由にカラーバリエーション化しました。
3. 竹炭の強力な吸収力により、吸着された溶剤はプラスイオン化しており、それらをマイナスイオンによって中和、または分解する必要があります。自然石エメラルドは静止状態でマイナスイオンを発生する自然石の代表的なもので、空気の自浄効果を高めます。

ホーマーNの優れた効果
1.化学物質や悪臭を吸着し、空気を清浄化します。
建材や塗料、接着剤には有害性物質のホルムアルデヒドなどの化学物質が多く使われています。ホーマーNはこれらの化学物質やたばこなどの悪臭を吸着、中和、分解します。

2.結露を防ぎ、快適な湿度を保ちます。
湿気を吸着するとともに乾燥しすぎると放出するという調湿機能があります。いつも適度な湿度を保ち、結露やカビの発生をシャットアウトします。

3.マイナスイオン効果がクリーンな空気を届けます。
ホーマーNから放出されるきれいな空気には、森林浴などと同じ効果のあるリラックス効果の高いマイナスイオンが含まれています。この天然のマイナスイオンが心身を活性化し、いつもさわやかな状態を保ちます。

4.カビやダニ、シロアリを寄せ付けません。
通気性が悪い現代の住宅は、喘息やアトピーの要因となるダニ・カビの繁殖には好都合です。ホーマーNは、優れた調湿性と害虫忌避作用で、ダニやカビの繁殖を防止。シロアリも寄せ付けません。

5.目には見えない細菌から、衣食住を守ります。
くつろぎを提供する宿泊施設、衛生面に細心の注意が払われる病院、食料品店や飲食店、落下菌対策の必要な食品工場、安全性を追求する幼稚園やアミューズメント施設などは、抗菌対策が求められます。ホーマーNは、優れた抗菌効果を発揮するとともに、水性無機バインダーと天然自然石、竹炭で形成されており、空気を汚さず人体にも安全です。

6.有害な電磁波をカットします。
家電製品やパソコンからでる電磁波は、身体を酸性体質にして病気の原因を作ります。ホーマーNの電子特性は有害な電磁波をブロックして磁場を安定させます。

7.遠赤外線効果
炭の発生する遠赤外線の温熱効果は広く知られています。マイナスイオン効果と相まって快適な空間を作り出します。

8.無機塗料だから不燃性・無害で紫外線に強く、環境に優しい塗料です。
無機水性バインダーを使用していますので、不燃性で有害ガスも発生しません。無機バインダーは当社独自の開発で耐水性、耐候性に富み、安全にお使いいただけます。また、廃棄時も有害な物質を出しません。

9.カラー調色ができ、美装性に優れています。
従来、黒しかできなかった炭の塗料をはじめてカラー化することに成功しました。これにより今まで使用できなかった部分に使用が可能となり、用途が格段に広がりました。


▲クリックで拡大します




金田建設工業株式会社 大阪府茨木市舟木町18番1号
電話072-638-8238



Copyright (c)2006 Kaneda Construction Industry,Ltd. All rights reserved.